タイオガピンボール

メニュー
01
気持ちを聞いてほしい・状況を理解してほしい

信頼できる周囲の大人や学校の先生に自(zi)身の状況について話し、理解してもらうこと で、いざという時にすぐ相(xiang)談や支(zhi)援につながったり、気持ちが楽になったりすること があります。 学校にスクールカウンセラー(心理に関する専門家(jia))がいる場合、ご自(zi)身の気持ちに ついて話を聞いてもらうこともできます。

02
ケア負担を減らしたい

自治(zhi)体(ti)には、高齢者、障害児・者、児童(tong)、生(sheng)活困窮者(経済的に苦(ku)しく、生(sheng)活に困って いる方(fang))等(deng)に対する、さまざまな支援があります。こうした制度を利用できないか、お住まいの地域の自治(zhi)体(ti)(市区町(ding)村の役所等(deng))の窓(chuan)口(kou)に相(xiang)談してください。 学校のスクールソーシャルワーカー(みなさんを取り巻く環境への働きかけや、関(guan)係する機関(guan)との調整をおこなう専門家(jia))や、地域の民生(sheng)委(wei)員・児童(tong)委(wei)員を通じて、こうした関(guan)係機関(guan)へ相(xiang)談ができる場合もあります。自分で問(wen)い合わせることが難しい場合は、周りの大人に相(xiang)談してみましょう。

03
同じ状況の人と話してみたい

同(tong)(tong)じように家事(shi)や家族のケアをおこなう子ども・若者(zhe)や、元当(dang)事(shi)者(zhe)の大人(ren)と話してみたい、という場(chang)合、お住まいの地域の自治体(ti)や、民間団体(ti)が開催(cui)(cui)する当(dang)事(shi)者(zhe)・元当(dang)事(shi)者(zhe)同(tong)(tong)士(shi)の集(ji)まりに参(can)(can)加することができます。 ※参(can)(can)加にあたり条(tiao)件や年齢制限等が設(she)けられている場(chang)合もありますので、まずは主(zhu)催(cui)(cui)者(zhe)にご確認ください。

相談窓口
支援団体・当事者会など

ヤングケアラーに関(guan)する支援をおこなう団体や、当事者・元当事者の方と交流(liu)することのできる集まりなどを紹(shao)介(jie)します。

活動内容:中高生ヤングケアラー向けプログラム、大学生向けピアメンター研修、大人ケアラー向け講座などの伴走型支援と、学校関係者向けヤングケアラー研修、ヤングケアラーサポーター認定講座等を提供。ヤングケアラー短編映画「」企画・監修。
ヤングケアラーの方からの相(xiang)談の受付有無(wu):〇

活動内容:ヤングケアラー・若者ケアラーのオンラインコミュニティの運営、イベント開催、就職相談、自分史制作、また支援者向けの研修や啓発コンテンツの監修等
ヤングケアラーの方(fang)からの相談(tan)の受付有(you)無(wu):〇

活動内容:子ども・若者ケアラー当事者を真ん中に据えた社会発信(月1の定例ミーティング・ニュースレターの発行・関連イベントの情報共有等)、支援展開(「若者ケアラーのつどい」やキャンプを通した居場所作り等)
ヤングケアラーの方からの相談の受付有(you)無:△(※ミーティングやつどい内(nei)での経験・思いの共有(you))

とりあえず・・・

「今は、大丈夫。」、「あまり人に話(hua)したくないな…。」、そんな思いをお持ちの方もいるかと思います。今日(ri)はとりあえず見てみただけ、という方も、もし、「ちょっと、困ったかも。」と感じた時は、こうした相談(tan)先の存在(zai)を思い出(chu)してみていただければ幸いです。

政府

0120-189-783(毎日24時間)

虐待かもと思ったら、児童相談所虐待対応ダイヤル「189」
※では、全国の児(er)童相談所を検(jian)索いただけます。

0120-0-78310(毎日24時間)

いじめやその他(ta)の子供(gong)のSOS全般について、子どもや保護者などが夜間・休日を含(han)めて24時間いつでも相談(tan)できる、都(dou)道府(fu)県及び指定都(dou)市(shi)教育委(wei)員会などによって運営されている、全国共通のダイヤルです。

0120-007-110(毎日24時間)

IP電話の場合は(通話料有料)
受付時間:平日8:30~17:15
土・日・祝日・年末年始は休み
※通話料無料

「いじめ」や虐待など子(zi)どもの人権問題に関する専用相談(tan)電話です。

自治体

ヤングケアラーに関する専用窓口を設けている場合や、子どもに関わる相談窓口で相談を受け付けている場合があります。まずはお近くの自治体窓口までお問い合わせください。電話だけでなく、SNSやメールでの相談が可能な自治体もあります。
※『ヤングケアラー 相談 (お住いの都道府(fu)県・市区町村名(ming)等)』といったキーワードで検索してみてください。

学校・地域

相談(tan)窓口(kou)への相談(tan)が難しい場合(he)、学校の先生(sheng)や養護教諭(保健室の先生(sheng))、スクールカウンセラー(心理に関する専門(men)家(jia))、スクールソーシャルワーカー(子どもを取り巻(juan)く環境(jing)への働きかけや、関係(xi)する機関との調整(zheng)をおこなう専門(men)家(jia))などにご自身の状況について相談(tan)することもできます。まわりに信頼できる大(da)人(ren)がいる場合(he)、まずはそうした人(ren)にご自身の状況について話してみる方(fang)法もあります。

お役立ちリンク集では、その他の相談窓口、支援団体などの情報を紹介しているサイトも紹介しておりますので、あわせてご参照ください。