日(ri)(ri)本財団は、すべての子(zi)(zi)どもたちが自分らしく、子(zi)(zi)どもらしい時間を過ごせる社(she)会の構(gou)築を目指し、子(zi)(zi)どもを支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)する多様(yang)なプロジェクトを推(tui)進しています。その取り組(zu)みのひとつである、「ヤングケアラーとその家族(zu)に対する支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)」を加速させるために、長崎(qi)県大村(cun)市と連(lian)携モデル事(shi)業を実(shi)施することになり、12月22日(ri)(ri)(木)に、大村(cun)市との連(lian)携協定(ding)締結(jie)式が日(ri)(ri)本財団ビルにて行(xing)われました。本モデル事(shi)業では、2022年12月から2026年3月までの3年間でヤングケアラーを早(zao)期に発見し、支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)先につなげ、実(shi)際(ji)に支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)を提供するモデルの構(gou)築と支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)体(ti)制の整備を行(xing)います。また、今後はヤングケアラーに対する効果的な支(zhi)(zhi)(zhi)援(yuan)について検証し、政策提言へ行(xing)っていく予定(ding)です。

▼詳細は日本財団公式サイトをご覧ください。

連携協定式当日の写真(左から、日本財団会長 笹川・大村市 園田市長)